Acoustic Guitar Live

Acoustic Guitar Live
- 別所神社コンサート (全13 曲)

 

 1.  大きな古時計
 2.  AFTER
 3.  千日紅ひと夏の夢
 4.  Rianon
 5.  ふるさと
 6.  光と風の道
 7.  月の雫
 8.  埴生の宿
 9.  心の中のひと
10. 哀しみの果てに
11. 寝 顔
12. 迷宮の丘
13.  ジェラシー

 

Acoustic Guitar  :  馬島 昇
Keyboard&Piano : 久保田 修

   - 2018 -

   Mix&Mastering Studio : Cross Current Studio

   Mixed and Masutered by Noboru Mashima

Review

別所神社のコンサートを収録('03


この年12回目を迎えるコンサートは、神社が舞台というだけあって今までは邦楽が中心だったらしい。因みに前年は津軽三味線だったという。この年の出演が急遽私に決まった。

 

コンサート当日は荘厳な雰囲気の中、静かな昂揚感があった。リハーサルの途中激しい夕立がありリハは一時中断する。

つい先ほどまでのけたたましい蝉時雨は、いつのまにか雨音に変わっていた。なかなか降り止まない雨にスタッフ陣は気を揉んでいる。午後6時の時点で雨が止まなければコンサート中止-との判断が既に主催者側から下されていた。野外コンサートの宿命である。降り続く雨の中やむことを信じ、この日ステージサイドでチューニングを担当してくれるSUMI工房の山根君と一緒に弦の張替えを始めた。
  

やがて雨は小降りになり、そして完全に止んだ。

どこかに隠れていた蝉たちが、再びけたたましく鳴き始めた。風は・・・今度は我々に向かって吹き始めた。

15分押しで、いよいよコンサートの火蓋が切られた。

かがり火の炎が勢いよく燃え上がる。やがてその煙はステージの照明と溶け合いスモークの役割を果たし始めた。

3曲めを弾き終えると、いつのまにか会場内は-静寂な夜の海-のように静まり返っていた。そして中盤の「心の中のひと」あたりから、会場の密度がぐっと凝縮されてくるのを感じた。「哀しみの果てに」そして新曲の「寝顔」と3曲続けて弾き終えた頃には、会場全体がある種のオーラに包まれているような感覚に陥った。

「今日は何かが降りてきています」とステージで冗談交じりに話していた私だが、実はこの時けっこう真面目に言っていたのである。波動の高いなにか目に見えない存在が暖かく見守ってくれているような気がした。気が付くと私はいつになく寡黙になり、次々とギターを持ち替え完全に一人の世界に入り込んでいた。
もはや言葉など必要ないのだろう。そのことは客席の表情からもうかがい知ることができた。

        

コンサート終了後、楽器の片つけをしていると、中学生の少女が握手を求めてきた。翌年高校に入ったらギターを始めたいという。合格したら教える約束をして、私達は別れた。


2003年夏…私の長い一日は終わった。 

 

       ‐別所神社コンサートノーカット‐   

FMぜんこうじ-アルバム 「AFTER」の秘話

 FMぜんこうじ-76.5Mhz 放送収録-1998-

 2曲ほど生演奏しています。

 Copyright © Noboru Mashima​ All Rights Reserved.